<第143回銀行業務検定>に向けて学習は進んでいますか?
今回も、直前期に読んで頂きたい過去記事を再掲します。
ラストスパート頑張って下さい!

CIMG2145






「銀行業務検定」でラクラク合格&上位入賞応援ブログ!



このページをご覧頂きありがとうございます。

このシリーズでは、フツーの中高年銀行員である私が、自分なりの無理のない勉強法を実行し、2018年、銀行業務検定で連続して合格&上位入賞した結果に至る過程から、その秘訣を中心にお伝えしてきました。

よろしければ
、【秘訣一覧】のページも確認しておいて下さい。

CIMG1321






今回は【受験時の秘訣】の続き⑨です。


【受験時の秘訣】の一覧は次の通りです。

なお、以前に秘訣一覧で記載した内容を見直し変更しています。

◆秘訣① 十分な筆記具を用意する。
◆秘訣② 事前に試験時間を分割しておく。
◆秘訣③ 得意問題を先に解答する。
◆秘訣④ 正誤択一は、〇✖どちらを選ぶのか、明確にして解答する。
◆秘訣⑤ 「〇or✖はいくつあるか」問題に時間をかけない。
◆秘訣⑥ 長文与件問題は、先に問題や選択肢を読む。
◆秘訣⑦ 記述・計算問題は先に内容を確認! 解答時は何か書く。
◆秘訣⑧ 集中力が切れたら早めに自覚する。

◆秘訣⑨ マークシートの解答はまとめて記入する。
◆秘訣⑩ 見直しの時間を設定し、絶対に見直す。




◆秘訣⑨ マークシートの解答はまとめて記入する。


あなたは銀行業務検定などのマークシートが中心となる試験で、都度マークするタイプですか? それとも最後にまとめてマークするタイプですか?


私は昔は前者で、現在は後者のタイプです。


そして私はあなたに後者のまとめてマークをオススメします。


gahag-0066691711-1





ずっと都度マークしている方は「それは危険だ」と思われるかもしれません。


確かに、「まとめてマーク」は時間切れリスクにより0点になる可能性があり、これは大変なリスクです。


また、「まとめてマーク」の方が作業効率が良いとは推定できますが、どれほどなのかは、よくわかりません。


CIMG1325





それでは、なぜ私は「まとめてマーク」を推奨するのか? それは、前記のリスクを承知のうえで何度もやってみた結果によるものです。


科学的根拠は測定していませんが、大変効率が良いのです



ただこれは、前提条件があるのです。



それは、以前【受験時の秘訣】②でお伝えした、試験時間の分割を行い、しっかりタイムマネジメントを実行する事が必要です。


そしてこのタイムマネジメントは、それほど熟練が必要な訳ではありません。


事前にしっかり分割計画を立て、試験時も1問あたりの割り当てた時間内で解答する事を意識すればできるはずです。


この方法をどれくらいの人が実行しているかはわかりません。


ただ私はここ数年、すべてのマークの試験でこれを実行しています。


銀行業務検定試験金融業務能力検定の他、


1級FP(きんざい)学科試験の学科基礎試験(H28/9受験、合格)

行政書士試験(H29/11受験、合格)

でも実行してきました。

CIMG1267





もちろん、この方法の実行が合格に直結するわけではありません。


ただ、銀行業務検定に上位入賞を目標として学習を積み、試験時間分割タイムマネジメントと合わせれば、「まとめてマーク」は、リスクは小さく、とても効率的です。


そして何より気持ちいいのです。試験時間終盤の予定時刻にマーク専用に用意した鉛筆でどんどんマークしていくのです。


あなたにも是非オススメします。

gahag-0112135036-1






今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたが銀行業務検定で上位入賞するお役にたてますように。

IMG_8237ISUMI_TP_V





                                                       北河内 学 (きたかわち まなぶ)

ブログランキングのリンクです。当ブログを応援していただける方はクリックをお願いします。
https://blog.with2.net/link/?1977920


人気ブログランキング

資格受験ランキング