当ブログでは、「銀行業務検定」受験のモチベーションの向上、維持を図り、しっかり計画を立て、無理なく効率的な学習を進め、高得点を叩き出す工夫を詰め込んでいます。

どうぞあなたの現状に必要な記事を探してみて下さい。


CIMG2145






「銀行業務検定」でラクラク合格&上位入賞応援ブログ!!




このページをご覧頂きありがとうございます。


当ブログは、

フツーの中高年銀行員である私が、

ここ数年に独学で1級FP、行政書士試験をクリアしてきた学習方法を、更に改良し、2018年の「銀行業務検定」で実証実験した結果、連続して上位入賞を果たす事に成功・・・

この"中高年銀行員"が無理なく学習し高得点を叩き出す工夫をたくさん盛り込んでいます。

今のあなたに必要な記事はないか探してみて下さい。


YUKA863_osusume15202708_TP_V









まもなく『第143回銀行業務検定』(2019年6月2(日))の申込受付締切です。

まだ学習を開始していない方は、「無計画」で学習をスタートさせずに、しっかり「学習計画」を立てて取り組みましょう。詳細は続きを見て下さい。






CIMG2145





次回「第143回銀行業務検定試験」まであと1か月と少し!今から学習をスタートする方へ!


2019(令和元)年6月2(日)の「第143回銀行業務検定」は、まもなく申込受付終了、そして試験日まであと約2か月となりました。

受験を予定されている方の中には、既に3月から、しっかり計画を立て学習されている方もおられると思います。

高得点を叩き出し、しっかり実力をつけるためには、早いスタートが王道です。

しかし、多くの方は、まだ「問題集」も開けていない状態ではないでしょうか?

いまになって、「さあ、スタートしようか」というのが、多くの方の実際の動きではないかと思います。


ただ、この時、注意して頂きたい事が2つあります。

一つ目は、「目標(ゴール)を明確にする」事です。

そして、

二つ目は、「無計画に学習を進めない」事です。



IMG_hmbu4t






「目標(ゴール)を明確にする」!


まず一つ目です。

各種試験に取り組む際には、「目標(ゴール)を明確にする!」という事がとても大切です。

本来、各種試験には「目標(ゴール)」を設定した上で計画的に取り組む必要があると思います。

しかし、大半の方は、この「目標(ゴール)」を明確にしないまま学習をスタートしてしまいます。

特に「銀行業務検定」のような、「やらされ感」の強い試験では、「とりあえずスタート」となってしまいます。

これでは、「目標(ゴール)」=「着地点、到達点」が不明確なまま学習する「行先不明かつ羅針盤のない航海」と言った状態になってしまいます。

結果、学習中も「今週はまだいいか」「60%で合格だったよな」「最終週でなんとかしよう」なとどいった、消極的な考えばかりが頭をよぎり、学習が進みにくくなってしまいます。

だから、しっかり「目標(ゴール)」=「着地点、到達点」を定める必要があります。

これを定めれば、後で説明する「計画」もしっかり立てられますし、学習意欲にもブレが生じにくくなります。


では、「目標(ゴール)」=「着地点、到達点」は、どう設定すればよいでしょうか?

本来の「目標(ゴール)」=「着地点、到達点」は、その「種目」の実力をつける事です。

前回の種目で言えば、

「融資管理3級」であれば、「顧客の変動事象への対応力をつける」「不動産競売など債権回収の実務対応力をつける」など

「相続アドバイザー3級」であれば、「顧客の相続手続きをスムーズに行い信頼を得る」「相続受任士業者と対等に折衝できるようになる」など

「相続アドバイザー2級」であれば、3級内容に加え、「顧客の事情に応じた相続対策提案ができるようになる」など

「経営支援アドバイザー2級」であれば、「財務分析、定性分析を通じた問題発見力を強化する」「発見した問題の解決提案力を強化する」「顧客のステージ別(創業時、成長期、事業承継時など)の対応力を強化する」など

といった本来の「目標」(定性目標)を持って臨む事が大切です。これで試験と実務をリンクさせる意識を醸成する事によりモチベーションも高まります


但し、実際の試験に臨む「目標」としては、これでは不十分です。やはり目標を数値化する事(定量目標)が必要になります。

この時の目標値の設定は悩ましいかとは思いますが、甘い数値とならないよう注意して下さい。

当然、合格基準の60%を目標値とするのはよくありません。それは目標値ではなく、申込と同時に課された必須値だからです。

協会のホームページ等から過去の最高点、平均点等を考慮し、ご自身の今回の目標値を大胆に設定して見て下さい。

目標値の設定は、自分へのプレッシャーになり極力避けたいのが人情ですが、やはりこれがないと、先述の通り、学習計画が立てられませんし、モチベーションも維持できません。

あまり時間をかけずに、「本来の目標(定性目標)」と「数値目標(定量目標)」を決めてしまいましょう。


gahag-0066691711-1






「無計画に学習を進めない」!


そして、もう一つ重要なのが、二つ目の「無計画に学習を進めない」事です。


「無計画での学習」は「地図を持たずに航海する」事に等しく、結果として「漂流必至」
となってしまいます。



「計画の重要性」はすべての試験対策で共通するところです。

先述の「目標」に到達できる学習量を見積もり、それを学習期間に配分する。

そのうえで、学習を実行していき、毎日実行状況をモニタリングし、以降の実行内容または計画を見直す。

これが基本的なプロセスでこれを淡々と実行すれば、最小限のストレスで目標に到達できるはずです。


ME_biz20160902492115_TP_V





通常、国家資格試験レベルの試験になると、「無計画」ではまず合格できません。

よくこれら国家資格試験に取り組む際に、「独学か」「講座受講か」が議論
となりますが、「計画の有無」の方が重要です。

独学であろうと、講座受講であろうと、しっかり計画しなければ、学習実行を維持する事は困難です。

しかし、これらの試験に取り組むにあたっても、計画性が乏しいために、結果として「できただけ」で試験日に臨んでしまい不合格となってしまうケースが見られます。

私は、これまで、「宅建士」「中小企業診断士」「1級FP技能士」「行政書士」の試験に合格していますが、診断士以外はすべて独学です。

そして、すべての試験受験で共通するのは、不合格後にしっかり計画を立てて臨んだ後に合格している事です。

当然に最初からしっかり計画できれば、不合格経験は不要なのですが、私の場合、やはり甘さというか、計画で自分を縛るのが嫌な性格というか、怠惰というか、そんな性質が不合格経験を不可避にしているようです。

それだけに計画の重要性を強調してしまいます。最初から、しっかり計画すれば不合格経験は必要なくなるはずですから・・・。


171030ell_DSC1941_TP_V





但し「銀行業務検定」の場合、実際には、「無計画でも合格できてしまう」ところに問題があります。


「銀行業務検定」は、各受験種目の出題範囲が比較的狭く、テキストや問題集も整理、充実しているため、無計画で望んでも、短期間で詰め込んでも合格できてしまうところに問題があるのです。

そして、このように「無計画」「短期間」で合格した場合は、当然高得点は望めませんし、実力もつきません。

更に目標も不明確のため、充実感もありません。残るのは、「短期間で合格できる」「直前はしんどかった」という悪い感覚のみ・・・。

これでは、何も良いことはありません。たとえ短期間でも全くの時間の無駄遣いです。


これから学習を開始される方、無計画で学習を開始してしまっている方、これらの方には、是非今からでもしっかり計画を立てて、必要学習量を見積もり、残期間に配分するプロセスを実行して見て下さい。

もう少し具体的な内容は、このブログの【計画時の秘訣】カデゴリーの記事の他、№30までの初期の記事も参考にして下さい。



ME_biz20160902112916_TP_V







今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたが銀行業務検定で上位入賞するお役にたてますように。

IMG_8235ISUMI_TP_V



                                                       北河内 学 (きたかわち まなぶ)

ブログランキングのリンクです。当ブログを応援していただける方はクリックをお願いします。
https://blog.with2.net/link/?1977920

人気ブログランキング

資格受験ランキング