資格試験学習は順調ですか?

資格試験学習は、独学であっても、通学等講座受講であっても、効果的な自主学習の実行が鍵だと思います。

このブログでは、私自身や周囲の人たちの資格試験への取組みの経験から得た「資格試験自主学習に関する気づき」を投稿しています。

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V






資格試験学習において、学習の足跡(証跡)を残す事は大変重要です。

これは、以前に投稿した「学習PDSサイクル」を回すうえでも、そして、学習中のメンタル管理、モチベーション維持の観点からも大変重要なプロセスです。

最近では、様々なデジタルツールも普及しているようですが、私はあえてアナログ管理を推奨しています。

今回は私の資格学習の経験から学んだ、「学習の足跡を残す事の重要性」について投稿します。

PAK58_mihirakitecyoutopen_TP_V




1.「目次」と「問題一覧」で管理する

資格学習で使用する「テキスト」や「問題集」には、徹底的に学習の足跡(証跡)を残しながら学習を進めていきます。

そして、1冊ずつの「テキスト」や「問題集」の全体進捗管理も行っていきます。


全体進捗管理の部分は「テキスト」ならば「目次」、「問題集」ならば「問題一覧」のページを使用し進捗を管理していきます。

「問題一覧」がない場合は、余白のページ等を使用し「問題一覧」を作成します。

そして、以前「学習計画」の投稿で説明したように、予め見積もった必要学習量を下に、学習を進め、学習した項目をチェックし日付も入れていきます。

これにより、毎日学習終了時に、当日及び累計の学習過不足が把握できます

PAKsss0I9A3729_TP_V




2.「テキスト」や「問題集」は易しいものからスタート

なお、当該資格を初学習する場合は、

「テキスト」ならば網羅性重視の難しいものよりも講義調のものを、

「問題集」は本試験過去問ではなく、「項目別問題集」や「肢別問題集」等、易しいものを選択し、

基礎を叩き込む事に重点を置くことが大切だと思います。


それは、本試験問題は初学者には概して難易度が高く、1問で多くの分野のしかも細部について質問してくるため、時間とパワーを浪費し、当然多く間違うので凹みがちになってしまうためです

FBPAKU3311_TP_V




3. 本文は1周目と2周目で違う足跡を残す

さて、次は「テキスト」や「問題集」の本文学習時の進め方ですが、ここでもしっかり足跡を残していきます。

私の場合、1周目は鉛筆でアンダーライン(直線や波線)を引いていきます。

時々重要語句を鉛筆でグルグル囲んだりもします。

そして2周目は蛍光マーカーでラインを引いていきます。

GREEN20160902534715_TP_V




4. 汚くていい

この時、座って学習する時は定規を使用しますが、電車内等で立って学習する場合は汚いラインを引いています。

このライン引きは、あまり時間や手間をかけずに、スピード重視でどんどん進めていくのがポイントです。

とにかく汚くていいんです。

確かに見直した時に見やすいに越したことはありませんが、これを意識しすぎると、読んでいる内容よりもラインを引くことに意識が集中してしまい、逆効果になってしまいます。

従ってあまりこだわらずに、スピーディーに流れるように進めるようにしましょう。

bizzgirl20160902081917_TP_V




5. 問題自体には「○」「×」と日付を記録する


なお、「問題集」の問題自体は繰り返し解答する必要があるため、足跡を残す必要はありませんが、必ず「〇」や「✖」の解答結果と日付を記入していきます。

これを3周やると、その問題分野の習得度や得意不得意が明らかになります。

更に「問題一覧」にも同様に結果を記録していく事により、一覧で弱点が浮き彫りになります。(ここは大変重要なポイントなので改めて投稿します)

YUKA150701098458_TP_V




6. 問題集2周目開始時の落ち込み


「学習の足跡を残す」事には、実は別の効果があります。それはメンタル面での効果です。

これは、1周目の学習が終わり、2周目に入った時に実感できます。

1周目が終わった後、メンタルのバランスが乱れがちになります

具体的には2周目の問題を始めた途端に、あれもこれも

「こんな問題やったかな?」とか、

「解説を見て理解したはずなのに全くわかっていない!」

といった状態に陥りがちです。


これは、実は極自然な事で全く問題ないのですが、

慣れていないと、この状況に焦って暗記(暗記については別稿でまた投稿します)に走ってしまったり、

やる気を喪失してしまったり、疲弊してしまいやすいのです。

ME_biz20160902492115_TP_V




7.「学習の足跡」のメンタル効果


この時に「テキスト」や「問題集」に残した「学習の足跡」が「自信」につながります

この足跡を見て、汚くなった問題集を見て、「確かに学習した実績」を改めて実感する事で、

「自信」を回復したり

「焦り」を抑制する効果が期待できます

そして2周目が終わった後は、「テキスト」や「問題集」は足跡でぐちゃぐちゃになっています。

この足跡を見る度に、静かに「自信」を感じる事ができるのです。

なんとか読み返せる程度に汚いぐらいの方が、学習した場所や時間まで思い出せてうれしくなります。

私は、これまでの資格試験学習を通じて最も大切なのは「メンタル管理」だと実感しています。

「学習の足跡を残す」事は、この意味で本当に大切で効果があると思います

GREEN20160902294716_TP_V




最後までお読み頂き、ありがとうございました。

北河内 学


今後とも応援頂けるとうれしいです。